« 女性の性と健康について | トップページ | 早すぎる性(中学生のセックス) »

セックスをすることへの興味(関心)度

 なぜ、「セックスレス」カップルが増えてきているのでしょう?しかも、既婚女性の月に1-2回程度しかセックスをしない「妊娠低レベル群」のカップルを含めますと73.0%ととても高い割合となっています。このような値をみますと出生数が減ってきているのは、なるほどと頷けるところもありますね。

「セックスをすることに対して興味(関心)が失われつつあるの?」という思いが出てきます。今回の調査の中に「あなたは、セックス(性交渉)をすることに関心がありますか?(回答は1つ)」という設問があります。とても興味深い結果でした。

その結果を述べる前に、セックスの経験者を年齢ごとに平均値の分布図を描いてみました。対数近似曲線を描くと男性は、y=27.005Ln(X)+11.344の数式を取り、重相関(R2)0.8152と強く、女性においてもy=28.378Ln(X)+8.0389となりR2=0.9081と強い相関を示しておりました。男女共に殆ど同じで差がみられません。こ2の近似曲線からみて20歳ではおよそ50%が経験者と予測され、25歳では70%が経験者と推測することができるのです。性の営みは対等なのです。

セックスをすることへの関心ごとについて調べた結果をみてみましょう。その回答の選択肢は、次の5つでした。「①とても関心がある。②ある程度関心がある。③あまり関心が無い。④全く関心が無い。⑤嫌悪している。」という選択です。①のとてもを2点、②のある程度を1点、③のあまりを‐1点、④の全くを‐2点、⑤の嫌悪を‐3点とスコア化して重みを付けて評価してみました。

男性全体では1.06±0.89点に対し女性は0.23±1.15点と大きな開きがみられ、男女間に有意差(p<0.001)を認めています。これを20歳代、30歳代、40歳代と年代ごとにみますと男性は30歳代が最も高く、女性は20歳代でした。いずれ年代においても女性の方に関心度が低いといえますね。40歳代の女性では-0.04±1.13点と平均値がマイナス点を示していました。

未既婚別でみますと男性は殆ど同じ値でやや既婚男性が高い値でした。女性は、結婚することによってセックスへの関心度が低下しているのです。この既3婚女性を35歳未満と35歳以上で分けて比較してみますと図には示していませんが、35歳未満(n=131)では0.49±1.06点と全未婚女性の平均スコア0.36±1.20点よりも高いのですが、35歳以上(n=336)になりますと0.02±1.11点と限りなく0点に近づいていたのです。

このセックスへの関心度スコアに表れた数値の持つ意味は、「なにを語ろうとしているのか」今一度、考えてみなければならないようですね。

|

« 女性の性と健康について | トップページ | 早すぎる性(中学生のセックス) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536793/44488392

この記事へのトラックバック一覧です: セックスをすることへの興味(関心)度:

« 女性の性と健康について | トップページ | 早すぎる性(中学生のセックス) »